新宿/炉端焼/石狩川/本日のお薦め日本酒は⇨大那 超辛口純米

《「大那」の超辛は旨味を伴った懐の広い辛口!》
私が「大那」で最も気に入っている所。
それは、旨味を感じる食中酒であるということ。
たとえそれが超辛のお酒であったとしても。
日本酒において大切な要素である旨味がきちんと備わっているからこそ、私は「大那の超辛」を皆様にオススメしたいのです!
「大那の超辛」が飲食店様に1本あったらきっと大活躍するハズ!
「大那の超辛」が家に1本あったら毎日の食事がより楽しく美味しくなるハズ!
そんな「大那の超辛」を今回ご紹介致します。
「大那」が目指すお酒はお料理に寄り添える食中酒。
食中酒である以上、旨味という要素は外せないのです。
お料理でも同じだと思います。
ガツンと来るお料理は一口の美味しさは絶大でも食べ飽きるというか、一度食べたら暫く食べたく無くなりません?
ある日突然、無性に欲しくなる中毒性はあるかも知れませんが(笑)
それに比べ、味のバランスが取れたお料理は食べ進みますし、食べ飽きません。
お腹がいっぱいでもまだ食べられるような(笑)
お酒も同様です。
旨味や甘味、辛味だけが突出したお酒は正直飲み辛い。
飲み飽きますし、飲み疲れします。
これではお料理に寄り添えません。
旨味や甘味を適度に感じつつ、尚且つキレが良いお酒。
これこそが飲み進み、お料理との調和が取れるお酒なんです。
「大那の超辛」はもちろん後者。
スカッとしたキレの良い味わいを追い掛ける適度な旨味。
お米から造られたお酒ですもん、お米の旨味を感じたいじゃないですか♪
実はこのお酒にはもう1つ大切な要素があります。
それが酸。
旨さがあっても決して重くないのは辛さともう1つ、酸が効いているから。
酸はキレも出しますし、旨味を支えます。
酸が食中酒としてより深みを出しています。

◼️本日のお得酒は⇨飛乃流朝日黒糖焼酎ハイボールを¥480でご提供しております(・Д・)