新宿/炉端焼/石狩川/本日のお薦め日本酒は⇨而今特別純米/みむろ杉特別純米辛口露葉風/雪の茅舎山廃純米


「而今」というお酒の特徴は、とにかくバランスがいい。 
その而今の中でも「特別純米火入れ」は現代日本酒の定番の味わいを完璧に造り上げているといっても過言ではありません!
キラキラした旨味に飲みたいという欲を引き出す素敵な香り。
それが一つにまとまりシャープに流れる。 どんどん盃が進む→お替りを飲みたくなる。」
火入れ酒は麹米に「山田錦」を使用。
而今の最大の特徴である「キラキラした旨味」に山田錦の「キリッとしてシャープに流れる」感じプラス(OK) 本当素晴らしい仕上がり
定番の而今=現代日本酒の定番 その味を見事に造り上げた!

今回紹介する辛口純米酒は、奈良県で唯一の酒造好適米「露葉風(つゆばかぜ)」を使用、60%まで精米しています。露葉風は奈良県のみで栽培されている酒米で栽培の困難さから一時、生産が途絶えていましたが近年、生産者の努力で復活しました。奈良県内でも、使用する酒蔵が増えてきています。味わいは切れの良い淡麗傾向のようですが、蔵によって個性の違いが大きく出るようです。
こちらの辛口純米は、上立ち香は本当に穏やかで乳酸系の香味。口当たりは非常にシャープでドライ。しかし、しっかりした酸味とジューシー感もあります。キリッと引き締まった中に、米の旨みも感じられる心地よい味わいです。切れ味はズバッと切れていく、まさに芳醇辛口酒。お燗にすると米の旨みと膨らみが増し、さばけも良くなります。お刺身などの和食から肉料理まで合いますし、脂っこい料理でも、上質な酸と切れの良さがきれいに洗い流してくれる印象です。肩ひじ張らずに呑む晩酌酒としてオススメできます。

雪の茅舎 山廃純米
十分過ぎるほどのふくらみを備え、素直に「旨い」と思える山廃純米酒の逸品!洗練さで定評のある由利正宗の卓越した山廃造りの技を、見事に引き継いだグレードの高いスタンダード !
■原料米:山田錦 秋田酒こまち
■精米歩合:65%
■日本酒度:+1
■酸度:1.8
■アルコール度:16-17%