8月27日のお薦め地酒⇨雨後の月 純米大吟醸愛山

「雨後の月」の中でも、人気と希少性の高い黒ラベルシリーズ第2弾、愛山(あいやま)の純米大吟醸が今年も入荷して来ました。
ところで、皆様は愛山というお米をご存知ですか?
愛山を語る上で外せないのが「十四代」
地酒ファンの方なら知らない方はいないと言っても良い程に「幻のお酒」として有名な銘柄。
「十四代」を造る山形県の高木酒造が「幻の酒米、愛山」でお酒を造ったことがきっかけとなり、「愛山」でお酒を造る蔵が増えて来ました。
「愛山」は兵庫県三木市吉川町で作られているお米で、生産量はかなり少ないです。
また、とても扱い辛いお米としても有名で、「愛山」で美酒が醸せるというのは醸造技術の高さを表していると言える程。
実際、「愛山」はブランド化していて、「愛山」で造られたお酒は人気です。
ブラック&シルバーで統一された、クールかつシャープな外観。
ラベルには「新しい雨後の月への挑戦」を表す、黒い月(新月)がシルバーに輝いています。
甘い爽やかな吟醸香に、程良いボディーから来る円やかな甘味。甘味は後口には残らずに柔らかな辛さへと変化し、全体では「まろやかな辛口酒」に感じられます。
蔵元からこのお酒のコメントとして「味もまとまり、酒販店様に自信を持って販売できるお酒が出来上がりました。」と書かれている点からも、確かな手応えを感じていることが伺えます。
全国でも限られた酒販店にのみ販売されるレアアイテム。
多くの日本酒ファンにお勧めしたい1本です。

◼️本日のお得酒は⇨伯楽星特別純米ハイボールを¥330でご提供しております(・Д・)