地元の米と脊振山系の伏流水、職人が昔ながらのハネ木搾りで、ゆっくりゆっくり搾って造られているお酒です。1985年生まれの8代目蔵元杜氏、田中克典氏のコンセプトは「白ご飯のようにいつもさりげなくそばにあって、どんな料理にも合う、でもないと寂しい」とのこ。そんな糸島の風景が見える酒造りを実践する若き造り手です。
ドライハーブのような爽やかな風味と、透明感のある旨味。余韻にかけて適度な苦みが全体のバランスを引き締めます。